【大阪杯】ラッキーライラックが強豪撃破!牝馬ワンツー

(C)スポニチ

 5日、阪神競馬場で行われた11R・大阪杯(G1・4歳上オープン・芝2000m)で2番人気、M.デムーロ騎乗、ラッキーライラック(牝5・栗東・松永幹夫)が快勝した。クビ差の2着にクロノジェネシス(牝4・栗東・斉藤崇史)、3着に1番人気のダノンキングリー(牡4・美浦・萩原清)が入った。勝ちタイムは1:58.4(良)。

JRAが臨時払戻を実施

牝馬2頭のワンツー

 桜が満開の中、無観客で行われた大阪杯を制したのはラッキーライラックだった。スタートから1番人気のダノンキングリーが先手を奪う予想外のかたちでレースは展開されると、ラッキーライラックは3、4番手のインでポジショニング。ゆったりとしたペースでレースは進み、勝負どころでも内を通ってロスなく進出し、直線では上手く馬群の間をこじ開けるように力強く抜け出した。勝利した鞍上のミルコ・デムーロ騎手は静まり返る無人のスタンドへ向けて高々と手を上げた。2着には牝馬のクロノジェネシスが入り、出走した牝馬2頭のワンツーフィニッシュとなった。

ラッキーライラック 15戦6勝
(牝5・栗東・松永幹夫)
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ラッキーライラック
2着 クロノジェネシス
3着 ダノンキングリー
4着 カデナ
5着 ワグネリアン
6着 ジナンボー
7着 ブラストワンピース
8着 レッドジェニアル
9着 ステイフーリッシュ
10着 サトノソルタス
11着 マカヒキ
12着 ロードマイウェイ