【大阪杯】サトノソルタス まだ底を見せていない強み

大阪杯
サトノソルタス

 前哨戦のGⅡ金鯱賞で2着に食い込んだサトノソルタス (牡5、堀)。デビュー2戦目にGⅢ共同通信杯で2着した素質馬が、ついにGⅠの舞台に駒を進めてきた。

【大阪杯】ブラストワンピース 2度目のG1タイトルへ視界良好

【大阪杯】サトノソルタス まだ底を見せていない強み
【大阪杯】サトノソルタス まだ底を見せていない強み

上原助手「通用する可能性ある」

 金鯱賞の勝ち馬サートゥルナーリア不在の顔合わせなら少なからずチャンスはあるはずだ。上原助手は「今週の追い切りは予定より速くなりましたが、全然無理はしていませんし、上積みはありそうです。前走は勝った馬が強かったですけど、この馬もまだキャリア8戦目で、ポテンシャルの高さは見せてくれました。心身ともに成長がうかがえたと思います。前向きで気の悪さもないので、競馬場が替わっても問題はないでしょう。まだ底を見せていませんし、能力を発揮できれば通用する可能性はあると思ってます」と期待を語った。