【高松宮記念】セイウンコウセイ 得意の舞台で再び

高松宮記念
セイウンコウセイ

 2017年の本レースの勝ち馬であり、昨年も2着と好走しているセイウンコウセイ(牡7、上原)。近走は馬券圏から遠ざかっているが、得意舞台で一発を狙う。

【高松宮記念】タワーオブロンドン 藤沢和師「ヤル気も出てきた」

【高松宮記念】セイウンコウセイ 得意の舞台で再び
【高松宮記念】セイウンコウセイ 得意の舞台で再び

2017年勝ち馬

 上原調教師は「先週しっかりやったので今週はしまい重点。それでもラストは11秒台だから、状態はいい。昨年以上じゃないかな。前走は58キロでも頑張っていたし、馬場が悪くなっても、他馬が苦にするならプラスに働く」と重馬場歓迎の姿勢を示した。