【高松宮記念】松若「無我夢中」モズスーパーフレアが無観客G1を制する

(C)スポニチ

 29日、中京競馬場で行われたG1・高松宮記念は、9番人気に支持された松若風馬騎乗のモズスーパーフレアがゴール前の大混戦を制した。1位入線したクリノガウディーはゴール前の斜行に4着に降着。

高松宮記念、勝利ジョッキーコメント
1着 モズスーパーフレア
松若風馬騎手
「ゴール盤抜けた時は負けたかなと正直思ったので、まさか勝てると思ってなかったんですけど、初めて勝てて素直にとても嬉しいです。スタートだけしっかり大切に出そうと思っていたのでしっかりスタートも決まってくれましたし自分のペースで良いリズムで行けたなと思います。(馬場が)あまりそこまで悪くなってほしくないなと思っていたんですけど、午後に晴れてくれて馬場も少し回復していたのでそういうのも良かったんじゃないかなと思います。(ゴール盤前は)必死で無我夢中で追っていました。技術はないんですけど、もっともっと上を目指して頑張っていきたいと思います。お客様がいないっていうのは本当に寂しいもので僕たちが競馬出来ているっていうのは本当に幸せなことだなと改めて感じて、お客様の大切さもすごく感じましたね。今、日本はコロナの影響で大変ですけれども早く元に戻って欲しいなと思いますし、またお客様に競馬場に戻ってきてくれればいいなと思います。次はしっかりお客様の前で勝てるように今後も技術を磨いていきたいと思いますので応援よろしくお願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 29日、中京競馬場で行われた11R・高松宮記念(G1・4歳上オープン・芝1200m)で9番人気、松若風馬騎乗、モズスーパーフレア(牝5・栗東・音無秀孝)が快勝した。ハナ差の2着に2番人気のグランアレグリア(牝4・美浦・藤沢和雄)、3着にダイアトニック(牡5・栗東・安田隆行)が入った。勝ちタイムは1:08.7(重)。

 1着で入線したクリノガウディー(牡4・栗東・藤沢則雄)はゴール前の斜行により4着降着。

 1番人気で福永祐一騎乗、タワーオブロンドン(牡5・美浦・藤沢和雄)は、12着敗退。

【大寒桜賞】7番人気 メイショウボサツが2勝目

1着入線のクリノガウディーが4着降着

 ゴール前の大混戦をモズスーパーフレアが制した。内からモズスーパーフレア、ダイアトニック、クリノガウディー、グランアレグリアが4頭横並びの一線でゴールに飛び込んだ。クリノガウディーがハナ差の1位入線となったがゴール前の斜行により4着へ降着。モズスーパーフレアの1着が確定した。

モズスーパーフレア 20戦7勝
(牝5・栗東・音無秀孝)
父:Speightstown
母:Christies Treasure
母父:Belong to Me
馬主:キャピタル・システム
生産者:Alpha Deita Stables, LLC

【全着順】
1着 モズスーパーフレア
2着 グランアレグリア
3着 ダイアトニック
4着 クリノガウディー(1位降着)
5着 シヴァージ
6着 グルーヴィット
7着 セイウンコウセイ
8着 ティーハーフ
9着 ステルヴィオ
10着 ダノンスマッシュ
11着 アウィルアウェイ
12着 タワーオブロンドン
13着 モズアスコット
14着 ナックビーナス
15着 ノームコア
16着 ラブカンプー
17着 ダイメイプリンセス
18着 アイラブテーラー