日曜中山6R新馬はプレシオーソがV。北村宏は通算1万5000回騎乗を達成

 21日、中山競馬場で行われた6R3歳新馬(ダ1800メートル)は、ブラックタイド産駒のプレシオーソ(牡3、清水久=母エアラホーヤ)がV。現3歳世代ラストとなる新馬戦を制した。

 ポンと好スタートを決めると、道中は2番手を手応えよく追走。直線で早々と抜け出すと、最後は2着馬に3馬身差をつけて快勝した。

北村宏司はJRA通算1万5000回騎乗

 JRA通算1万5000回騎乗を勝利で飾った北村宏は「やや繊細な面はありますけど、とても前向きな馬ですね。道中の手応えも良かったですし、直線ではよく伸びてくれました」と満足そうに振り返った。