【阪神大賞典】岩田「リズム重視で走りました」ユーキャンスマイルが重賞3勝目

(C)スポニチ

 22日、阪神競馬場で行われたG2・阪神大賞典は、2番人気に支持されたユーキャンスマイルが完璧な折り合いを見せて直線楽に抜け出した。圧倒的人気に支持されたキセキは、スタートで痛恨とも言える大きな出遅れを見せて7着に敗れた。

阪神大賞典、勝利ジョッキーコメント
1着 ユーキャンスマイル
岩田康誠騎手
「スタートの時にもう横いなかったのでちょっと後ろ見たんですけどかなり出遅れたなっていうのは感じて、でも自分のレースを心掛けて、キセキが来ても慌てずリズム良く行ったと思います。3000mあるのでリズム重視で走りました。3コーナーから外向きたかったんですけど結構馬群が凝縮してそこ狙ってキセキの後ろを取れたっていうのが勝因だと思いますね。(阪神大賞典5勝目については?)有力馬に乗せていただいた結果だと思いますし、本当に相性が良いじゃないですけど、馬の力があってこそなので。この勝利でぐっと大きな目標に近づいたと思いますし本当に無事にいってほしいと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 22日、阪神競馬場で行われた11R・阪神大賞典(G2・4歳上オープン・芝3000m)で2番人気、岩田康誠騎乗、ユーキャンスマイル(牡5・栗東・友道康夫)が快勝した。1.3/4馬身差の2着にトーセンカンビーナ(牡4・栗東・角居勝彦)、3着にメイショウテンゲン(牡4・栗東・池添兼雄)が入った。勝ちタイムは3:03.0(良)。

 1番人気で川田将雅騎乗、キセキ(牡6・栗東・角居勝彦)は、7着敗退。

【WIN5】今週は4000万超えの配当

キングカメハメハ産駒 ユーキャンスマイル

 2番人気に支持された岩田康誠騎乗のユーキャンスマイルが嬉しい重賞3勝目の勝利を飾った。道中は中団の位置どりでリズム良い走りを見せてロスなく勝負どころをむかえると、抜群の手応えでいつでも抜け出せる脚色で進出。直線でもどこを割ろうかという余裕の走りで内から抜け出して来るとあっさりと抜け出して後続を完封した。圧倒的1番人気のキセキはスタートで大きく出遅れて7着に敗れた。

ユーキャンスマイル 15戦6勝
(牡5・栗東・友道康夫)
父:キングカメハメハ
母:ムードインディゴ
母父:ダンスインザダーク
馬主:金子真人ホールディングス
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ユーキャンスマイル
2着 トーセンカンビーナ
3着 メイショウテンゲン
4着 ムイトオブリガード
5着 メロディーレーン
6着 タイセイトレイル
7着 キセキ
8着 ボスジラ
9着 レノヴァール
10着 ドレッドノータス