【黄梅賞】クロノメーターが断然の支持に応える

 21日、中山競馬場で行われた9R・黄梅賞(3歳1勝クラス・500万下・芝1600m)で1番人気、田辺裕信騎乗、クロノメーター(牡3・美浦・尾形和幸)が快勝した。ハナ差の2着にカフェサンドリヨン(牝3・美浦・古賀慎明)、3着にレッドアダン(牡3・美浦・尾関知人)が入った。勝ちタイムは1:35.1(良)。

 2番人気で丸山元気騎乗、グレイトホーン(牡3・美浦・根本康広)は、7着敗退。

【新馬/中山6R】プレシオーソが完勝!デビュー戦を制する

【黄梅賞】クロノメーターが断然の支持に応える
【黄梅賞】クロノメーターが断然の支持に応える

ゴールドシップ産駒 クロノメーター

 単勝1.7倍と断然の支持にクロノメーターが応えた。スタートから後方の位置どりで追走する展開となり、向こう正面で徐々に前との差を詰めていくかたちに。終始外目という展開になったが、直線ではしぶとく末脚を伸ばしてゴール寸前で先に抜け出したカフェサンドリヨンをハナ差捉えた。

クロノメーター 4戦2勝
(牡3・美浦・尾形和幸)
父:ゴールドシップ
母:タイムウィルテル
母父:ブライアンズタイム
馬主:サンデーレーシング
生産者:社台コーポレーション白老ファーム