【弥生賞】ルメール「勝った馬が強かった」ワーケアはソツなく騎乗も2着まで

撮影:青山一俊

 またしても重賞の壁は暑かった。ルメール騎手はソツなく中団でポジションを取り、直線でも馬群の中からしっかりと伸びてきたが、大外から規格外の一頭があっさりとかわしていき万事休す。2着争いはモノにしているものの鞍上も「今日は仕方ありません」と勝ち馬の強さを称賛した。

2着 ワーケア
C.ルメール騎手
「休み明けのうえ、こういう馬場でもいい競馬をしてくれました。勝った馬は強かったですね。ワーケアも伸びてくれましたが、今日は仕方がありません。運がなかったです。距離は延びても大丈夫だと思います。次は楽しみです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 8日、中山競馬場で行われた11R・弥生賞ディープインパクト記念(G2・3歳オープン・芝2000m)で2番人気、武豊騎乗、サトノフラッグ(牡3・美浦・国枝栄)が快勝した。1.3/4馬身差の2着に1番人気のワーケア(牡3・美浦・手塚貴久)、3着にオーソリティ(牡3・美浦・木村哲也)が入った。勝ちタイムは2:02.9(重)。

【弥生賞】武豊騎手「ディープに似ていた」サトノフラッグが完勝

【弥生賞】ルメール「勝った馬が強かった」ワーケアはソツなく騎乗も2着まで
【弥生賞】ルメール「勝った馬が強かった」ワーケアはソツなく騎乗も2着まで

ディープインパクト産駒 サトノフラッグ

【弥生賞】ルメール「勝った馬が強かった」ワーケアはソツなく騎乗も2着まで
撮影:青山一俊

 弥生賞ディープインパクト記念と命名されたこのレースを、メンバー中唯一のディープ産駒であるサトノフラッグが見事に制した。鞍上に武豊騎手を迎えて2番人気に支持された。道中は中団やや後方に構えてじっくりと脚を溜める展開に。勝負どころでは馬場のいい外目を上がっていき、まさにその雰囲気はディープインパクトそのもの。ディープ産駒らしい差し脚で直線でもしっかりと脚を伸ばして見事に差し切り勝ちを決めた。

サトノフラッグ 4戦3勝
(牡3・美浦・国枝栄)
父:ディープインパクト
母:バラダセール
母父:Not For Sale
馬主:サトミホースカンパニー
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 サトノフラッグ
2着 ワーケア
3着 オーソリティ
4着 ブラックホール
5着 オーロアドーネ
6着 アラタ
7着 エンデュミオン
8着 ウインカーネリアン
9着 パンサラッサ
10着 メイショウボサツ
11着 ディヴィナシオン