【弥生賞】ワーケア 手塚師「前走は消化不良」

弥生賞ディープインパクト記念
ワーケア

 デビューから2連勝を飾り、GⅠ挑戦となった前走・ホープフルSでも3着に食い込んだのがワーケア (牡3、手塚)。引き続き名手・ルメールとのコンビで初重賞制覇を狙う。

【弥生賞】ブラックホール 相沢師「いい動き」

クラシックに繋がるような走りを

 手塚調教師は「少し体に余裕があったので、今週は併せ馬でしっかり追いました。相手がよく動いたので見栄えは良くなかったけど、時計的には十分でしょう。スタート後に挟まれてしまった前走は消化不良の一戦でしたし、スムーズな競馬で、今後のクラシックにつながるような走りを」と話した。