【弥生賞】サトノフラッグ メンバー唯一のディープ産駒で注目

弥生賞ディープインパクト記念
サトノフラッグ

 デビュー戦こそ6着に敗れたものの、その後は東京、中山と異なる舞台で強い勝ち方をしてきたサトノフラッグ(牡3、国枝)。今回は初の重賞挑戦となるが、舞台は〝第1回〟のディープインパクト記念。武豊鞍上でメンバー唯一のディープ産駒だけに、いやが応でも注目は高まる。

【弥生賞】オーソリティ ヒューイットソンと新コンビ

【弥生賞】サトノフラッグ メンバー唯一のディープ産駒で注目
【弥生賞】サトノフラッグ メンバー唯一のディープ産駒で注目

国枝師「ゆくゆくは大きなところを」

 国枝調教師は「一戦ごとに馬がしっかりしてレース内容も良くなってきたね。先週ウッドで追って、今週は坂路で追い切ったが、動きも良かったです。ゆくゆくは大きなところを…と思っている馬だし、当然ここでも楽しみにしています」と期待を語った。