【アルメリア賞】スペードエースがデビュー2連勝!

 8日、阪神競馬場で行われた9R・アルメリア賞(3歳1勝クラス・500万下・芝1800m)で3番人気、福永祐一騎乗、スペードエース(牡3・栗東・友道康夫)が快勝した。3.1/2馬身差の2着に2番人気のダノンアレー(牡3・栗東・安田隆行)、3着にチュウワノキセキ(牡3・栗東・大久保龍志)が入った。勝ちタイムは1:48.3(稍重)。

 1番人気で川田将雅騎乗、スワーヴドン(牡3・栗東・中内田充正)は、6着敗退。

【中山6R】ヒューイットソン騎乗 シェダルがデビュー2連勝

兄弟にマーティンボロ、フレールジャック

 3番人気に支持された福永祐一騎乗のスペードエースがデビュー2連勝を飾った。道中は後方6番手からじっくりと。勝負どころでもじっと我慢するかたちで、直線入り口では馬群の壁が立ちはだかった。やや踏み遅れるような格好で外に持ち出したがそこからが圧巻の差し脚。大外から一気に前を飲み込み、3馬身半差の完勝だった。圧倒的人気のスワーヴドンは6着敗退。

スペードエース 2戦2勝
(牡3・栗東・友道康夫)
父:ワールドエース
母:ハルーワソング
母父:Numerous
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム