【サウジアスプリント】武豊「本当に惜しい」マテラスカイは逃げ切り寸前で差される

(C)平松さとし

 29日、サウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場でサウジカップデーに行われたサウジアスプリント(ダ1200m)に日本からマテラスカイ(牡6・栗東・森秀行)が出走。逃げ切り寸前の惜しい2着となった。

2着 マテラスカイ
武豊騎手
「外枠のぶん脚を使わされたところはあるので、それが最後に響いたと思います。本当に惜しい。最後に本当ちょっと止まっちゃいました。この馬らしいレースは出来たので、次のドバイに向けて良いレースにはなったと思います」

森秀行調教師
「アメリカの馬より全然速いので行ったと思ったんですけどね。ちょっと馬場深い分だけ最後脚上がってしまいましたね。この馬場であれだけ行かれるとアメリカの馬もついてくるのも結構厳しかったみたいでね。来た連中は脱落しましたからね。この後はフルフラットと共にドバイに選ばれているので、ゴールデンシャヒーンに向かいたいと思います」

【サンバサウジダービー】武豊「想像以上に強かった」フルフラットが大金星!

ゴール寸前まで先頭だったが…

長らくコンビを組む武豊騎手を鞍上に12番ゲートからスタート。大外枠からダッシュ良くハナを奪いレースを引っ張ると後続を突き放して直線をむかえた。後続を大きく突き放してセーフティリードかと思われたゴール前、ニューヨークセントラルが後方から猛烈な末脚で強襲。僅かに差されての2着となった。勝ちタイムは1分11秒68。

【全着順】
1着 ニューヨークセントラル
2着 マテラスカイ
3着 グラディエーターキング
4着 メイポール
5着 メスキート
6着 ドラフテッド
7着 インデリブルインク
8着 マングージ
9着 キャプテンスコッティ
10着 ボウウォリアー
11着 ムータラーム
12着 インペリアルヒント
13着 ソブレアクション