【中山記念】北村宏「一生懸命走ってくれた」ソウルスターリングはラストランで3着

撮影:青山一俊

 このレースでラストランとなったソウルスターリングは見せ場十分の3着でレースを終えた。序盤から積極的に飛ばして行き、2番手の位置で軽快に先行。鞍上の北村宏騎手は「それほど楽な手応えではなかった」と振り返ったが、「一生懸命走ってくれた」と最後まで懸命に駆け抜けた同馬の走りを称えた。

3着 ソウルスターリング
北村宏司騎手
「マズマズのスタートを決めて、2番手で自分のリズムを保って追走できました。直線ではそれほど楽な手応えではなかったですが、よく踏ん張ってくれました。一生懸命走ってくれたと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 1日、中山競馬場で行われた11R・中山記念(G2・4歳上オープン・芝1800m)で1番人気、横山典弘騎乗、ダノンキングリー(牡4・美浦・萩原清)が快勝した。1.3/4馬身差の2着に2番人気のラッキーライラック(牝5・栗東・松永幹夫)、3着にソウルスターリング(牝6・美浦・藤沢和雄)が入った。勝ちタイムは1:46.3(良)。

【中山記念】デムーロ「ちょっと忙しい感じ」ラッキーライラックは地力で2着

【中山記念】北村宏「一生懸命走ってくれた」ソウルスターリングはラストランで3着
【中山記念】北村宏「一生懸命走ってくれた」ソウルスターリングはラストランで3着

G1馬を凌いでV

 G1馬が5頭と豪華メンバーが揃ったこのレースを制したのはダノンキングリーだった。レースではマルターズアポジーが飛ばしていく中で、離れた単独3番手でレースを展開。勝負どころでも手応え良く進出してあっさりと抜け出し、5頭のG1馬を凌いで見事に押し切った。ラッキーライラックは2着、ソウルスターリングが3着、インディチャンプは4着、ウインブライトは7着と、G1各馬を引き連れるようにゴールした。

ダノンキングリー 8戦5勝
(牡4・美浦・萩原清)
父:ディープインパクト
母:マイグッドネス
母父:Storm Cat
馬主:ダノックス
生産者:三嶋牧場

【全着順】
1着 ダノンキングリー
2着 ラッキーライラック
3着 ソウルスターリング
4着 インディチャンプ
5着 ペルシアンナイト
6着 マルターズアポジー
7着 ウインブライト
8着 ゴールドサーベラス
9着 エンジニア