【中山記念】横山典「ファンあっての競馬」ダノンキングリーが重賞3勝目

撮影:青山一俊

 1日、中山競馬場で行われたG2・中山記念は、1番人気に支持されたダノンキングリーが重賞3勝目を飾った。G1馬が5頭出走と豪華メンバーで行われたが、G1未勝利のダノンキングリーがG1馬を凌いだ結果となった。

1着 ダノンキングリー
横山典弘騎手
「行く馬も2頭いたので、あの位置で考えた通りのレースになりました。やっぱり勝っても寂しいですね。G1はまだ勝っていませんが、G1勝つ力は十分に持っているので、このまま順調にぶっちぎって欲しいです。大きいところを期待しています。順調に行って欲しいと思います。(勝ったことが)嬉しいのはかわらないのですが、ファンあっての競馬だなと本当に強く思いました。早く無観客が収束してまた沢山いるお客さんの前で大きいところを勝ちたいと思います」

 レース結果、詳細はかきのとおり。

 1日、中山競馬場で行われた11R・中山記念(G2・4歳上オープン・芝1800m)で1番人気、横山典弘騎乗、ダノンキングリー(牡4・美浦・萩原清)が快勝した。1.3/4馬身差の2着に2番人気のラッキーライラック(牝5・栗東・松永幹夫)、3着にソウルスターリング(牝6・美浦・藤沢和雄)が入った。勝ちタイムは1:46.3(良)。

【すみれS】レクセランスがデビューから無傷の3連勝!

G1馬を凌いでV

 G1馬が5頭と豪華メンバーが揃ったこのレースを制したのはダノンキングリーだった。レースではマルターズアポジーが飛ばしていく中で、離れた単独3番手でレースを展開。勝負どころでも手応え良く進出してあっさりと抜け出し、5頭のG1馬を凌いで見事に押し切った。ラッキーライラックは2着、ソウルスターリングが3着、インディチャンプは4着、ウインブライトは7着と、G1各馬を引き連れるようにゴールした。

ダノンキングリー 8戦5勝
(牡4・美浦・萩原清)
父:ディープインパクト
母:マイグッドネス
母父:Storm Cat
馬主:ダノックス
生産者:三嶋牧場

【全着順】
1着 ダノンキングリー
2着 ラッキーライラック
3着 ソウルスターリング
4着 インディチャンプ
5着 ペルシアンナイト
6着 マルターズアポジー
7着 ウインブライト
8着 ゴールドサーベラス
9着 エンジニア