【阪急杯】ステルヴィオ 初めての1400m

阪急杯
ステルヴィオ

 目の疾患で昨秋のスプリンターズSを回避したステルヴィオ(牡5、木村)。今回は昨年の安田記念(8着)以来、約9か月ぶりの実戦となるが、一昨年にはマイルCSを制しているように本来のポテンシャルは高い。初めての1400メートル戦で復活となるか。

四位洋文騎手引退式が行われる「1日も早く本来の競馬場の姿に」

【阪急杯】ステルヴィオ 初めての1400m
【阪急杯】ステルヴィオ 初めての1400m

「ゲートをしっかり決めたい」

 太田助手は「休みが長く時季的なものもあって体が絞りづらいですが、今週はジョッキーが乗ってしっかり動かしてもらいましたし、このひと追いでさらにコンディションは上がってくると思います。あとは初めての距離なので、ゲートをしっかり決めたい。しっかり練習はしていますし、うまく流れに乗った競馬ができれば」と展望した。