【阪急杯】浜中俊「理想的なポジショニング出来た」ベストアクターが重賞初制覇!

(C)スポニチ

 1日、阪神競馬場で行われたG3・阪急杯は6番人気に支持された浜中俊騎乗のベストアクターが差し切りV。3ヶ月振りに戦列に復帰した浜中俊騎手が見事勝利に導いた。2位に入線したダイアトニックは最後の直線でフィアーノロマーノの進路を妨害、3着降着となり、2着フィアーノロマーノ、3着ダイアトニックとなっている。

阪急杯、勝利ジョッキーコメント
1着 ベストアクター
浜中俊騎手
「本当に嬉しいです。スタートも良くて理想的なポジショニングが出来たので、直線上手く進路を見つけられればと思って乗っていました。反応も良く間を割って来れたので何とか差し切ってくれと思いながら必死に追っていました。怪我をしてしまって沢山の人に御心配をかけて申し訳ない気持ちで一杯だったんですが、無事に復帰出来たのも支えてくださった皆様のお陰です。コロナウィルスで皆さん競馬場に来れなくて残念だと思います。僕らも非常に残念なのですが、その分テレビで応援して戴いて、僕らも良いレースをして行こうと思っていますのでこれからも応援お願いします」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 1日、阪神競馬場で行われた11R・阪急杯(G3・4歳上オープン・芝1400m)で6番人気、浜中俊騎乗、ベストアクター(せん6・美浦・鹿戸雄一)が快勝した。クビ+1/2馬身差の2着に2番人気のフィアーノロマーノ(牡6・栗東・高野友和)、3着に1番人気のダイアトニック(牡5・栗東・安田隆行)が入った。勝ちタイムは1:20.3(良)。

【阪神12R】山内研二厩舎が有終の美!ジュエアトゥーでラスト出走勝利

ベストアクターは3連勝

 昨年11月の京阪杯で落馬負傷し、昨日から戦列に復帰した浜中俊騎手がベストアクターを勝利に導いた。レースでは中団で折り合いをつけて馬群の真ん中に飛び込んで勝負どころをむかえた。直線半ばで上手く外に持ち出して行き先行各馬を猛追すると、ゴール前の大混戦を制して見事な差し切りを見せた。2着に入線したダイアトニックは3着降着となっている。

ベストアクター 12戦6勝
(せん6・美浦・鹿戸雄一)
父:ディープインパクト
母:ベストロケーション
母父:クロフネ
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 ベストアクター
2着 フィアーノロマーノ
3着 ダイアトニック
4着 スマートオーディン
5着 ステルヴィオ
6着 ストーミーシー
7着 クリノガウディー
8着 レインボーフラッグ
9着 ラヴィングアンサー
10着 ディープダイバー
11着 ハッピーアワー
12着 マイスタイル
13着 ライラックカラー
14着 ジョイフル
15着 ニシノラッシュ
16着 アンヴァル
17着 ロジクライ
18着 サフランハート

主催者発表のものと照らし合わせください。