【中京8R】作田誠二厩舎が有終の美!ラスト出走で勝利

 1日、中京競馬場で行われた8R・4歳上1勝クラス(500万下・若手騎手・ダ1800m)で1番人気、斎藤新騎乗、ヴィーヴァバッカス(牡5・栗東・作田誠二)が快勝した。6馬身差の2着にフラッグアドミラル(牡6・美浦・新開幸一)、3着にトゥルボー(牡4・美浦・小笠倫弘)が入った。勝ちタイムは1:52.2(稍重)。

 2番人気で岩田望来騎乗、ハーシェル(牡4・栗東・小崎憲)は、4着敗退。

【阪神1R】泉谷楓真騎手が1着同着デビュー!新人騎手初勝利第一号

単勝1.7倍の断然の支持に応える

 このレースを持って定年引退となる作田誠二調教師の管理馬、ヴィーヴァバッカスが斎藤新騎手を背に豪快な差し切りで勝利し、師の引退に華を添えた。レースでは中団の位置で折り合いをつけると、勝負どころから手応え良く進出し直線半ばで楽々差し切りを決めた。ゴール入線後、鞍上の斎藤新騎手からもガッツポーズが飛び出して、作田調教師に勝利を届けた。

ヴィーヴァバッカス 19戦2勝
(牡5・栗東・作田誠二)
父:ドリームジャーニー
母:ヴィーヴァレジーナ
母父:キングカメハメハ
馬主:芹澤精一
生産者:清水スタッド