【フェブラリーS】矢作師「今後は予定通りドンカスターマイル」モズアスコット次戦は海外遠征

(C)Yushi Machida

 晴れやかな表情でモズアスコットを管理する矢作芳人調教師はインタビューに答えていた。ダートの強豪相手に1番人気に支持され、人気通りの完勝で、芝ダートG1を制圧し大谷翔平と言わんばかりのまさに二刀流。次戦について問われると、豪州G1のドンカスターマイルに予定通り向かうことを明言した。

「皆さん応援ありがとうございました。自信はあったんですけれども、1番人気に支持されたということでちょっとビックリしてまして、今後、芝・ダート問わず本格的に二刀流としてこの馬を育てていきたいと思います。オーナーとも話していたんですけれども、今後は予定通りシドニーのドンカスターマイルに向かいたいと思っています。やはり距離的には限界があると思うので、ダートでも1800、2000というのはちょっと厳しいかなと考えていますので、秋はブリーダーズカップであればダートマイルということを考えています」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 23日、東京競馬場で行われた11R・フェブラリーステークス(G1・4歳上オープン・ダ1600m)で1番人気、C.ルメール騎乗、モズアスコット(牡6・栗東・矢作芳人)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にケイティブレイブ(牡7・栗東・杉山晴紀)、3着にサンライズノヴァ(牡6・栗東・音無秀孝)が入った。勝ちタイムは1:35.2(良)。

 2番人気で武豊騎乗、インティ(牡6・栗東・野中賢二)は、14着敗退。

【ヒヤシンスS】デムーロ「抜群の手応え」カフェファラオが圧勝

2018年安田記念以来のG1制覇

【フェブラリーS】矢作師「今後は予定通りドンカスターマイル」モズアスコット次戦は海外遠征
(C)Yushi Machida

 1番人気に支持されたモズアスコットがキッチリその支持に応えた。前走の根岸ステークスで初ダートに挑戦し重賞制覇を飾るとそのままの勢いでここも勝ちきった。2018年安田記念で芝G1初制覇を飾りまさに二刀流、見事な差し切りでダートG1も制圧した。

モズアスコット 21戦7勝
(牡6・栗東・矢作芳人)
父:Frankel
母:India
母父:Hennessy
馬主:キャピタル・システム
生産者:Summer Wind Farm

【全着順】
1着 モズアスコット
2着 ケイティブレイブ
3着 サンライズノヴァ
4着 ワンダーリーデル
5着 タイムフライヤー
6着 キングズガード
6着 モジアナフレイバー
8着 ノンコノユメ
9着 アルクトス
10着 ヴェンジェンス
11着 ミューチャリー
12着 ワイドファラオ
13着 ブルドッグボス
14着 インティ
15着 デルマルーヴル
16着 ミッキーワイルド