土曜東京6R新馬は内田博騎乗のレッドサーシャが差し切りV

 22日、東京競馬場で行われた6R3歳新馬(芝1800メートル)は、スピルバーグ産駒の3番人気・レッドサーシャ(牝3、黒岩=母アクアシャンデリア)が制
した。

 ゆっくりとしたスタートから道中は後方4番手を追走。直線では内の進路がふさがって外に切り返す場面がありながらも、鋭い伸び脚でゴール直前で前をとらえてクビ差勝ちをおさめた。

フリージア賞は石橋騎乗の〝2億円ホース〟サトノフウジンが2勝目を挙げる

土曜東京6R新馬は内田博騎乗のレッドサーシャが差し切りV
土曜東京6R新馬は内田博騎乗のレッドサーシャが差し切りV

内田博「いい脚でした」

 騎乗した内田博は「スタートはあまり速くないと厩舎から聞いていました。まだトモがしっかりしていない感じだったので、道中はトモがハマるのを待ちました。直線では前がフラフラしていたので外に切り替えましたが、いい脚でしたね。今後が楽しみですし、距離が延びても大丈夫だと思います」と振り返った。