【フェブラリーS】アルクトス 得意の東京でタイトル狙う

フェブラリーステークス
アルクトス

 東京ダートでは〈5100〉と底を見せていないアルクトス(牡5、栗田徹)が関東のエース格。初GⅠ挑戦の前走・南部杯は2着に敗れたが、得意の東京でビッグタイトルを狙う。

【フェブラリーS】デルマルーヴル 戸田師「相手なりに走れる」

【フェブラリーS】アルクトス 得意の東京でタイトル狙う
【フェブラリーS】アルクトス 得意の東京でタイトル狙う

栗田徹師「ワンターンは合う」

 栗田徹調教師は「以前はダメージが残りやすくて追い切り後も回復させるようなメニューでしたが、ここにきて馬がしっかりして、今は水曜、日曜と週に2回追い切りを重ねられるようになりました。フットワークが大きくて、長くいい脚を使えるタイプなので、ワンターンの東京マイルは合っています。今度はこれまでとはまた相手が違いますが、それでもどんな競馬ができるか楽しみです」と期待を語った。