【金蹄S】米3冠に参戦したマスターフェンサーがオープン入り

 22日、東京競馬場で行われた10R・金蹄ステークス(4歳上3勝クラス・1600万下・ハンデ・ダ2100m)で1番人気、川田将雅騎乗、マスターフェンサー(牡4・栗東・角田晃一)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にウラノメトリア(せん4・栗東・矢作芳人)、3着に2番人気のアイファーキングズ(牡4・栗東・鮫島一歩)が入った。勝ちタイムは2:11.4(良)。

【フリージア賞】サトノフウジンが最内から抜けし出して2勝目

【金蹄S】米3冠に参戦したマスターフェンサーがオープン入り
【金蹄S】米3冠に参戦したマスターフェンサーがオープン入り

単勝1.8倍の支持に応える

【金蹄S】米3冠に参戦したマスターフェンサーがオープン入り

 圧倒的人気に応えたマスターフェンサーが見事に差し切った。道中は中団馬群の真ん中でじっくりと。直線では外に持ち出してスパートを開始し先行各馬を猛追、グングン伸びてゴール前は悠々と差し切り。米3冠に参戦したキャリアに相応しい走りで、貫禄を見せつけた。

マスターフェンサー 12戦4勝
(牡4・栗東・角田晃一)
父:ジャスタウェイ
母:セクシーザムライ
母父:Deputy Minister
馬主:吉澤克己
生産者:三嶋牧場