2020サウジカップ開催に出走予定の日本馬4頭がサウジアラビアに到着

 2月29日(土)にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われるサウジカップ開催に出走予定のクリソベリル号(牡4・栗東・音無秀孝厩舎)、ゴールドドリーム号(牡7・栗東・平田修厩舎)、フルフラット号(牡3・栗東・森秀行厩舎)、マテラスカイ号(牡6・栗東・森秀行厩舎)が、現地に到着した。

【UAEオークス】武豊騎乗 セランは3着

●出発・到着時刻
成田国際空港発(香港国際空港経由)
日本時間2月19日(水)21時25分

リヤド国際空港着
現地時間2月20日(木)12時40分(日本時間18時40分)

キングアブドゥルアジーズ競馬場着
現地時間2月20日(木)14時30分(日本時間20時30分)

●サウジカップ(ダ1800m)
・クリソベリル号(牡4・栗東・音無秀孝厩舎)
浜田誠一調教助手のコメント
「思ったより順調なフライトで、馬体も変わりなく良好な状態です」

・ゴールドドリーム号(牡7・栗東・平田修厩舎)
堀部光弘調教助手のコメント
「帯同した獣医師のサポートもあり、思ったより疲労はなく順調なフライトでした」

●サウジダービー(ダ1600m)
●サウジアスプリント(ダ1200m)
・フルフラット号(牡3・栗東・森秀行厩舎)

・マテラスカイ号(牡6・栗東・森秀行厩舎)
高野正貴調教助手のコメント
「2頭とも輸送慣れしており、到着後も疲れた雰囲気はなく良好な状態です」

※JRA発表による