盛岡競馬場・水沢競馬場で調教始め式が行われた

 本日、盛岡・水沢両競馬場において、「調教始め式」が行われた。両競馬場ともに、多くの関係者が集まり、盛岡競馬場『馬頭尊(ばとうそん)』、水沢競馬場『馬櫪神(ばれきじん)』での“安全祈願祭”、本馬場での“馬場清め”を行った後、本馬場が開放され、馬場の感触を確かめながら、レースに向けた調教を開始した。

 今シーズンの3月水沢では、3月20日・21日・22日・28日・29日・30日の6日間開催。また、新シーズンの岩手競馬は、4月5日に開幕される。

NARグランプリ2019表彰式開催、岩本怜が優秀新人騎手賞を受賞

~安全祈願祭、馬場清め、調教始め~

盛岡競馬場・水沢競馬場で調教始め式が行われた

■岩手県競馬組合 副管理者 内宮明俊コメント
「本日、調教始め式を行い、いよいよ3月20日から2020シーズン開幕へと続く春競馬に向けた調教がスタートしました。関係者一丸となりファンの皆様へ魅力あるレースを提供できるよう一層努力して参りますので、引き続き岩手競馬をご愛顧いただきますようよろしくお願い申し上げます」

※岩手県競馬組合