【新馬/東京6R】石橋脩「走る馬」ロッタチャンセズがデビューV!

(C)Yushi Machida

 2月15日、東京競馬場で行われた6レース新馬戦は、4番人気に支持されたロッタチャンセズが力強く抜け出してデビューV。390キロと馬体重は小さいが、勝負根性を発揮して差し切りを決めた。

1着 ロッタチャンセズ
石橋脩騎手
「追えたのは正味200mくらいです。しっかりとキレを見せてくれました。息も上がっておらず、いいモノを持っています。走る馬だと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 15日、東京競馬場で行われた6R・3歳新馬戦(芝1800m)で4番人気、石橋脩騎乗、ロッタチャンセズ(牝3・美浦・堀宣行)が快勝した。クビ差の2着にタツオウカケンラン(牝3・栗東・鮫島一歩)、3着にメイショウカイコウ(牡3・美浦・和田勇介)が入った。勝ちタイムは1:51.5(良)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、アルベロベッロ(牡3・美浦・堀宣行)は4着、2番人気で田辺裕信騎乗、ショウナンハリマオ(牡3・美浦・国枝栄)は10着敗退。

【洛陽S】北村友「馬に助けてもらいました」ヴァルディゼールが差し切り

【新馬/東京6R】石橋脩「走る馬」ロッタチャンセズがデビューV!
【新馬/東京6R】石橋脩「走る馬」ロッタチャンセズがデビューV!

G1レーシング×追分

【新馬/東京6R】石橋脩「走る馬」ロッタチャンセズがデビューV!
(C)Yushi Machida

 4番人気に支持されたロッタチャンセズが嬉しいデビュー勝ちを飾った。レースでは内枠を利して4番手のインでロスなくポジションをキープ。直線でも最内から脚を伸ばし、前が壁になりながらのギリギリの追い出しだったが、ゴール前で猛追。3頭横並びでの入線は真ん中から抜け出したロッタチャンセズだった。390キロとかなりの軽量だが、ライバル各馬に負けず劣らずの力強い走りでキッチリ差し切った。

ロッタチャンセズ 1戦1勝
(牝3・美浦・堀宣行)
父:ディープインパクト
母:ワッツダチャンセズ
母父:Diamond Green
馬主:G1レーシング
生産者:追分ファーム