【共同通信杯】ココロノトウダイ 手塚師「今回のメンバーでも楽しみ」

共同通信杯
ココロノトウダイ

 新潟、福島と異なる舞台で連勝してきたのはココロノトウダイ (牡3、手塚)。中央場所での出走は今回が初となるが、左右のコースで結果を残してきた経験は大きな強みだ。

藤田菜七子騎手が落馬骨折

【共同通信杯】ココロノトウダイ 手塚師「今回のメンバーでも楽しみ」
【共同通信杯】ココロノトウダイ 手塚師「今回のメンバーでも楽しみ」

中央場所は初

 手塚調教師は「休み明けですが、しっかり調教本数を重ねていい仕上がり。段々と息の入りが良くなってきて、ジョッキーもいい感触をつかんでくれています。段々と体つきもしっかりしてきたし、今回のメンバーでも楽しみはありますよ」と前向きに話した。