【春菜賞】実績上位のビッククインバイオが2勝目!

 8日、東京競馬場で行われた9R・春菜賞(3歳1勝クラス・500万下・牝・芝1400m)で2番人気、大野拓弥騎乗、ビッククインバイオ(牝3・美浦・牧光二)が快勝した。1/2馬身差の2着にクリノプレミアム(牝3・美浦・伊藤伸一)、3着にバトルカグヤ(牝3・栗東・本田優)が入った。勝ちタイムは1:21.7(良)。

 1番人気でM.デムーロ騎乗、シベール(牝3・栗東・久保田貴士)は、5着敗退。

キングズベスト産駒 ビッククインバイオ

 2番人気に支持されたビッククインバイオが嬉しい2勝目を飾った。レースではスムーズに先行して4番手から。楽な手応えで直線に向くとあっさりと抜け出して後続を突き放した。新潟2歳ステークス、アルテミスステークス、左回りの重賞で2度の3着があり、このメンバーの中では実績が1枚上だった。

ビッククインバイオ 7戦2勝
(牝3・美浦・牧光二)
父:キングズベスト
母:アニメイトバイオ
母父:ゼンノロブロイ
馬主:バイオ
生産者:ノーザンファーム