キーファーズが凱旋門賞4着のジャパン所有を発表!

キーファーズの勝負服に身を包む武豊騎手 (C)Yushi Machida

 5日、キーファーズ代表の松島正昭氏が栗東トレセンにて、共同通信杯(G3・芝1800m・16日=東京)に出走を予定しているマイラプソディ(牡3・栗東・友道康夫)の1週前追い切りを視察した後、昨年のパリ大賞典やインターナショナルステークスの勝ち馬で、凱旋門賞4着のジャパン(牡4・Aオブライエン)を、現馬主であるクールモアグループと共有する事を発表した。

【凱旋門賞】武豊「ヘビーな馬場」ジョッキーコメント

武豊騎手と共に凱旋門賞を目指す

 今後のレーススケジュールは未定だが、同じく昨年からクールモアグループと共有しているブルーム(牡4・Aオブライエン)と共に欧州の主要レース及び、最大の目標である凱旋門賞を目指したいと明かした。鞍上はキーファーズが共に凱旋門賞を勝ちたいと公言している武豊騎手を想定。この発表を受けて武豊騎手は「実現(レースで騎乗)すれば本当に嬉しい」と声を弾ませた。