Dr.コパ氏「今年は菜七子さんとJBCスプリントが夢」コパノキッキングはフェブラリーSには向かわず

 2月2日、東京競馬場で行われたG3・根岸ステークスで2着となったコパノキッキング(セン5・栗東・村山明)が、フェブラリーステークス(23日・東京・ダ1600m)に向かわないことを馬主のDr.コパこと小林祥晃氏がブログで公表した。また同氏は、今年の夢は「キッキングと菜七子さんコンビがJBCスプリントでG1を取るのが夢です」と今年の目標も明かした。

菜七子 関東リーディング3位の快進撃

Dr.コパ氏「今年は菜七子さんとJBCスプリントが夢」コパノキッキングはフェブラリーSには向かわず
Dr.コパ氏「今年は菜七子さんとJBCスプリントが夢」コパノキッキングはフェブラリーSには向かわず

今年は菜七子さんとJBCスプリント

 同氏は「キッキングとマーフィー騎手コンビの根岸ステークスの連覇はならなかった。やはり、キッキングは1200m がベスト。レース後にマーフィー騎手と村山明調教師が話して「1200で世界に行こう」となりました。ただし、挑戦は来年の話。今年は、キッキングと菜七子さんコンビがJBCスプリントでG1を取るのが夢です」と、今年の目標を藤田菜七子騎手とJBCスプリントを取ることだと綴った。