【川崎・川崎記念】マーフィー「また乗る機会があれば楽しみ」レース後ジョッキーコメント

 1月29日、川崎競馬場で行われた交流G1・川崎記念は、圧倒的1番人気に支持されたチュウワウィザードが後続に6馬身差をつけて圧巻の勝利。2番人気に支持されたケイティブレイブは6着敗退。

川崎記念、レース後ジョッキーコメント
1着 チュウワウィザード
川田将雅騎手
「無事人気に応えて勝ちきってくれて何よりです。前半の並びがけっこう思ったよりワイドになりましたから、そこだけどう対応しようかなというところだったんですけど、少し主張して皆の動きを作ってから良い隊列で収まりましたし、良い形になったなと思いました。(道中は)とてもリズム良く走れていたと思います。正面スタンド前から終始デルマルーヴルが追いかけてくるかたちになっていたのでそれとのやり取りをずっとしながら、なので向正面に入ってからというよりは正面スタンド前からずっとオイシンとのやり取りをしていました。ひとりになってだいぶ遊ぶところがあったのでその辺をケアしながらの直線だったので、やはりどうしてもまだまだ精神的には幼い面もありますし、そういう面を今日は直線で出してしまったなという印象です。もっと大人になってくれればなと思います。JBCでG1ウイナーとなりまたこうして川崎記念で二つ目のタイトルを取ることが出来ましたし、また南関東のほうにお邪魔させていただく機会が増えると思いますので、またその時も応援してもらえたらなと思いますので、またよろしくお願いします」

【川崎・川崎記念】マーフィー「また乗る機会があれば楽しみ」レース後ジョッキーコメント
【川崎・川崎記念】マーフィー「また乗る機会があれば楽しみ」レース後ジョッキーコメント

山崎「ビックリした」

【川崎・川崎記念】マーフィー「また乗る機会があれば楽しみ」レース後ジョッキーコメント

2着 ヒカリオーソ
山崎誠士騎手
「凄いですね、ビックリしました。最後まで諦めずに走ってくれました」

3着 デルマルーブル
O.マーフィー騎手
「またデルマルーヴルに騎乗出来てよかったです。浦和で乗った時より良くなっていました。今日は強い馬を見ながらの競馬で、ああいう方法しかなかったと思います。結果、3着でしたが走るごとに強くなる馬だと思います。また秋に乗る機会があれば楽しみにしてます」

6着 ケイティブレイブ
森泰斗騎手
「レース自体はそんなに速く無かったと思います。勝ち馬は3番手についてきてましたし、流れの割に頑張れなかったです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 29日、川崎競馬場で行われた11R・川崎記念(Jpn1・4歳上オープン・ダ2100m)で1番人気、川田将雅騎乗、チュウワウィザード(牡5・栗東・大久保龍志)が快勝した。6馬身差の2着にヒカリオーソ(牡4・川崎・岩本洋)、3着にデルマルーヴル(牡4・美浦・戸田博文)が入った。勝ちタイムは2:14.1(不良)。

 2番人気で森泰斗騎乗、ケイティブレイブ(牡7・栗東・杉山晴紀)は、6着敗退。

チャンピオンズカップ4着から巻き返し

【川崎・川崎記念】マーフィー「また乗る機会があれば楽しみ」レース後ジョッキーコメント

 チュウワウィザードが圧倒的人気に応えて川崎記念を制した。大外枠からのスタートだったが促していき上手く3番手に収まったところで勝負があった。終始手応えが良い様子で4角では早め先頭に。直線では完全に一人旅で終わってみれば6馬身差の圧勝でゴールした。

チュウワウィザード 15戦9勝
(牡5・栗東・大久保龍志)
父:キングカメハメハ
母:チュウワブロッサム
母父:デュランダル
馬主:中西忍
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 チュウワウィザード
2着 ヒカリオーソ
3着 デルマルーヴル
4着 ミューチャリー
5着 アナザートゥルース
6着 ケイティブレイブ
7着 ミツバ
8着 メイプルブラザー
9着 オールブラッシュ
10着 モズオトコマエ
11着 コウエイワンマン
12着 キタノイットウセイ