【JRA賞】グランアレグリア春のローテはG1レース3走を予定

 1月27日、2019年度JRA賞授賞式が都内のホテルで行われ、関係者が表彰された。最優秀3歳牝馬に選ばれたグランアレグリアを所有する有限会社サンデーレーシング代表の吉田俊介氏が喜びの声を語った。

【JRA賞】サートゥルナーリア春は金鯱賞から大阪杯か香港へ

最優秀3歳牝馬 グランアレグリア号

【JRA賞】グランアレグリア春のローテはG1レース3走を予定

(有)サンデーレーシング 吉田俊介氏
「(桜花賞では)なにぶんレース間隔が空きましたのでその分は不安でしたが、結果的にすごく強い勝ち方をしてくれて大変嬉しく思っています。(阪神カップ)は予定外のことでレース間隔が空いてしまって分、不安の方が大きかったです。でももの凄い強い勝ち方をしてくれて本当に嬉しかったです。昨年は結果的に3回しか競馬出来なかったので、今年は春に3回と予定しておりまして、高松宮記念、ヴィクトリアマイル、安田記念と競馬出来たらいいなと思っています」

グランアレグリア号(牝3歳)
父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
馬主:有限会社サンデーレーシング
調教師:藤沢和雄(美浦)
受賞騎手:C.ルメール
生産者:ノーザンファーム
2019年度成績:3戦2勝
2019年度総獲得賞金:2億860万3000円
2019年度の主な勝鞍:桜花賞(G1)