【AJCC】マーフィー「不利をもろに受けた」不利を受けるもラストドラフトは3着

 4番人気に支持されたラストドラフトは勝負どころでアクシデントに巻き込まれて外に大きく振られてしまった。一旦後退して再びスパートを開始。怒涛の追い込みで3着に飛び込むのが精一杯だった。かなり大きく外に振られただけにそれがなければと思わせるらラストの脚色だった。

3着 ラストドラフト
O.マーフィー騎手
「3コーナーの被害が致命的でした。不利をもろに受けてブレーキをかけなければならず、馬も状態も良かっただけにその部分が残念でした」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 26日、中山競馬場で行われた11R・アメリカジョッキークラブカップ(G2・4歳上オープン・芝2200m)で1番人気、川田将雅騎乗、ブラストワンピース(牡5・美浦・大竹正博)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にステイフーリッシュ(牡5・栗東・矢作芳人)、3着にラストドラフト(牡4・美浦・戸田博文)が入った。勝ちタイムは2:15.0(稍重)。

 2番人気で横山典弘騎乗、ミッキースワロー(牡6・美浦・菊沢隆徳)は、4着敗退。なお、4番マイネルフロストは競走中止となっている。

【AJCC】川田「能力が違う」ブラストワンピースが凱旋門賞以来復活V!

【AJCC】マーフィー「不利をもろに受けた」不利を受けるもラストドラフトは3着
【AJCC】マーフィー「不利をもろに受けた」不利を受けるもラストドラフトは3着

3角のアクシデントも物ともせず

【AJCC】マーフィー「不利をもろに受けた」不利を受けるもラストドラフトは3着

 グランプリホースのブラストワンピースが力強く抜け出して重賞5勝目を飾った。レースではスムーズに好位を追走するも、三角で先行していたマイネルフロストに故障のアクシデントが発生。直後を追走していたブラストワンピースにも影響があったが、そこから最内に進路を取りスパートを開始。先に抜け出したステイフーリッシュをゴール前でとらえて復活を果たした。

ブラストワンピース 12戦7勝
(牡5・美浦・大竹正博)
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ブラストワンピース
2着 ステイフーリッシュ
3着 ラストドラフト
4着 ミッキースワロー
5着 サトノクロニクル
6着 ニシノデイジー
7着 ウラヌスチャーム
8着 スティッフェリオ
9着 ルミナスウォリアー
10着 クロスケ
11着 グローブシアター
(競走中止)マイネルフロスト