【新馬/京都6R】武豊「乗り味は流石」6億円馬のアドマイヤビルゴがデビューV!

(C)Yushi Machida

 1月19日、京都競馬場で行われた第6レース・新馬戦は、2017年のセレクトセールで6億円の値がついたアドマイヤビルゴが初陣を飾った。鞍上の武豊騎手は「乗り味は流石」と良血馬の走りを称賛した。

1着 アドマイヤビルゴ
武豊騎手
「ディープ産駒らしいバネで、乗り味は流石ですね」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 19日、京都競馬場で行われた6R・3歳新馬戦(芝1800m)で1番人気、武豊騎乗、アドマイヤビルゴ(牡3・栗東・友道康夫)が快勝した。3/4馬身差の2着にフアナ(牝3・栗東・角居勝彦)、3着に2番人気のフィニステール(牡3・栗東・中内田充正)が入った。勝ちタイムは1:51.1(良)。

【ジャニュアリーS】松山「距離短縮良かったのかも」ヨシオが距離短縮で変身

2017年セレクトセールで5億8000万円

【新馬/京都6R】武豊「乗り味は流石」6億円馬のアドマイヤビルゴがデビューV!
(C)Yushi Machida

 2017年セレクトセールで5億8000万円(税抜き)の値がついたアドマイヤビルゴがデビュー戦を快勝した。レースではダッシュ良く2番手につけるセンスの良さを見せて先行。やや気合いをつけながらという印象の追走だったが、直線までポジションをキープしてスパートを開始。馬場の良い真ん中から先頭に立つと、脚色衰えずに最後まで押し切った。

アドマイヤビルゴ 1戦1勝
(牡3・栗東・友道康夫)
父:ディープインパクト
母:イルーシヴウェーヴ
母父:Elusive City
馬主:近藤旬子
生産者:ノーザンファーム