【京成杯】ゼノヴァース 藤沢和師「ここでどれだけやれるか」

京成杯
ゼノヴァース

 未勝利を卒業するのに3戦を要したゼノヴァース (牡3、藤沢和)。しかし今回と同条件の前走の勝ち時計は、同開催のホープフルSを0秒6上回る好時計だった。名門厩舎のディープインパクト産駒。重賞挑戦でも侮れない。

【京成杯】スカイグルーヴ 重賞挑戦で牡馬相手で果たして

【京成杯】ゼノヴァース 藤沢和師「ここでどれだけやれるか」
【京成杯】ゼノヴァース 藤沢和師「ここでどれだけやれるか」

ホープフルステークスを上回る時計

 藤沢和調教師は「東京では不利があったり、チグハグな競馬が続いたが、前走はうまく運んで強い競馬だったね。その後は疲れも見られずここへ向けて調整。追い切りの動きは良かったし、具合は良さそうです。強い相手もいるようだけど、先のある馬だと思っているので、ここでどれだけやれるか楽しみ」と期待をのぞかせた。