【京成杯】ビターエンダー 相沢師「中山も合いそう」

京成杯
ビターエンダー

 デビュー戦は行き脚がつかず後方からになったビターエンダー (牡3、相沢)だが、2戦目の前走は初戦とは打って変わった先行策で3馬身差の快勝。センスの良さを見せた。器用さの生きる中山コースならば、重賞挑戦でも侮れない。

【TCK女王盃】JRA出走予定馬

【京成杯】ビターエンダー 相沢師「中山も合いそう」
【京成杯】ビターエンダー 相沢師「中山も合いそう」

器用さの生きる中山でチャンス

 相沢調教師は「前走は期待通りの勝ちっぷり。ソエが出たので休ませたけど、その後は順調。追い切りの動きも良かったし、いいデキで臨めそうだね。オルフェーヴル産駒だけど、大人しくて従順。中山も合いそうだし、期待しています」と手応えを語った。