【フェアリーS】アヌラーダプラ ルメールが代打騎乗

フェアリーステークス
アヌラーダプラ

 今年のフェアリーSの主役はアヌラーダプラ (牝3、萩原)。初戦は先行抜け出し、2戦目は中団からの差し切りと、異なる形で2連勝をおさめてきた。落馬負傷のため主戦・三浦の手を離れることになったが、代打が名手・ルメールなら不足はないか。

【フェアリーS】ダイワクンナナ 母ダイワスカーレットの良血開花となるか

津村「いいバネ」

 追い切りに騎乗した津村(レースはルメール)は「小柄ですがバランスが良くていいバネを持っていますね。元気が良すぎるくらいですが、一瞬の脚にはすごいものがあります。4コーナーまでリラックスして回れれば、最後は弾けそうですよ」と乗り味の良さを伝えた。