【京都金杯】西の重賞ウィナーはサウンドキアラ!

(C)Yushi Machida

 5日、京都競馬場で行われた11R・京都金杯(G3・4歳上オープン・ハンデ・芝1600m)で3番人気、松山弘平騎乗、サウンドキアラ(牝5・栗東・安達昭夫)が快勝した。1.1/4馬身差の2着に2番人気のダイアトニック(牡5・栗東・安田隆行)、3着にボンセルヴィーソ(牡6・栗東・池添学)が入った。勝ちタイムは1:34.0(良)。

 1番人気で武豊騎乗、カテドラル(牡4・栗東・池添学)は、17着敗退。

【中山金杯】2020年最初の重賞ウィナーはトリオンフ!

<<下に続く>>

重賞初制覇

 53キロの軽ハンデを生かしてサウンドキアラが嬉しい重賞初制覇を飾った。レースでは6番手付近の位置どりからスムーズに追走し、直線でも後続の追撃もなく抜け出して難なく押し切った。1番人気に支持された武豊騎乗のカテドラルは直線をほぼ最後方でむかえ、そのまま伸びることなく17着に敗れた。

サウンドキアラ 15戦5勝
(牝5・栗東・安達昭夫)
父:ディープインパクト
母:サウンドバリアー
母父:アグネスデジタル
馬主:増田雄一
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 サウンドキアラ
2着 ダイアトニック
3着 ボンセルヴィーソ
4着 ソーグリッタリング
5着 ブレステイキング
6着 エメラルファイト
7着 ドーヴァー
7着 エントシャイデン
9着 オールフォーラヴ
10着 メイケイダイハード
11着 モズダディー
12着 ストロングタイタン
13着 タイムトリップ
14着 マルターズアポジー
15着 マイネルフラップ
16着 メイショウショウブ
17着 カテドラル
18着 ハッピーグリン