中山7Rで落馬 三浦騎手が骨折の疑い 大塚騎手は頭部外傷

 1月5日、中山競馬場で行われた第7レース・4歳上1勝クラス(芝2000m)で、スズロザーナに騎乗した三浦皇成騎手、ラッキーアドバンスに騎乗した大塚海渡騎手が最後の直線で落馬、負傷した。

【中山金杯】デムーロ「皇成が怪我してなかったら嬉しいです」トリオンフが重賞3勝目!

中山7Rで落馬 三浦騎手が骨折の疑い 大塚騎手は頭部外傷
中山7Rで落馬 三浦騎手が骨折の疑い 大塚騎手は頭部外傷

明日も乗り替わり

 最後の直線コースで大塚海渡騎手のラッキーアドバンスが前の馬に触れて転倒。後方を走っていた三浦皇成騎手のスズロザーナがこれに巻き込まれる形となり、2頭とも落馬となった。検査の結果、三浦騎手は左肩関節骨折の疑い、左橈骨遠位端骨折の疑い、大塚騎手は頭部外傷、脳挫傷の疑いと診断され船橋市内の病院に搬送された。