【水沢・金杯】注目馬情報

岩手県競馬新聞連盟杯
第45回 金杯(M2・3歳・ダ1600m) 
1月2日(木)15:15発走
水沢競馬場

【東京大賞典】ルメール「最後は疲れていた」レース後ジョッキーコメント

 金杯は1975年に創設されたアラブ重賞。第1回は9月に行われ、3歳(現行表記で統一)スタイミーが優勝しましたが、同年12月に第2回を2歳重賞で実施。サラブレッドは南部駒賞、アラブは金杯が2歳重賞の看板レースでした。その後、第20回から25回までアラブ3歳重賞。第26回からサラブレッド重賞などカテゴリーの変更がありましたが、第31回(2005年)から現在スタイルの明け3歳(位置づけは2歳重賞三冠目)重賞として実施されています。

【注目馬情報】
★シンボ
北海道1勝から3度遠征。芝交流・ジュニアグランプリ、北海道&岩手交流・知床賞で連続2着。転入後も寒菊賞2着とどんな条件もこなすオールラウンドホース。強敵抜けて今度こそ初タイトルを手にするか注目。

★ナーリー
北海道2戦2着1回から転入。初戦で出遅れながらも快勝し、若駒賞4着。南部駒賞は相手が強く10着に終わりましたが、寒菊賞で3着に反撃。まだキャリアが浅く伸びシロ十分。逆転筆頭格と見ていいでしょう。

★フェイドハード
デビュー2戦目で2歳№1グランコージーに0秒1差2着の好素材。前走は久々をモノともせず勝ち上がり、この一戦を叩かれて上昇も確実。重賞初挑戦でいきなり制覇する可能性を秘めています。

★チャルメーラ
知床賞で5着を確保し、寒菊賞は6着ながら見せ場を作りました。前走案外でしたが、巻き返しに意欲満々。