【ホープフルS】ルメール「東京コースの方がいい」レース後ジョッキーコメント

 28日、中山競馬場で行われたG1・ホープフルステークスは、1番人気に支持されたコントレイルが楽勝で今年のG1レースを締めくくった。直線ではほとんど追うような所もなく圧巻の走りで後続を突き放して、来年のクラシックへ向けて名乗りをあげた。

ホープフルステークス、レース後ジョッキーコメント
1着 コントレイル
福永祐一騎手
「スタートが上手な馬なのであまり下げすぎないようにとは思いましたけど、前に馬を置く形が取れましたので前目でしたけど、自信を持って前を捕まえに行きました。(馬の気持ちとしては)ちょっと燃えやすいところはあるんですけど、上手く我慢して道中運べましたし、それは牧場、調教とそういう目的をもって取り組んでくれていたのでそれが上手くレースで活きたと思います。非常に楽な手応えだったのでここからどれくらい突き抜けるかなと思ったんですけど、先頭に立つとちょっとこうまだ躊躇するような面がありましたので、だからこの間(東スポ杯では)ライアンがしばきまくってたのかなと思いました(笑)。(2歳G1完全制覇については?)3つですしね(笑)。将来有望な若馬に沢山騎乗依頼をいただいていたおかげだと思いますし、今日は本当にG1でもありましたので勿論結果を求めなければいけないというのもあるんですけど、それ以上に彼がこの先どういう舞台でどれくらいの活躍をするかっていうのを占う上でも非常に重要な一戦だったと思いますし、本当に上手な競馬をしてくれたと思います。オーナーからはダービーを目標にという話だったのでそれを踏まえたレースをしようと思いましたし、内容も結果もいうことないかたちで走ってくれました。有馬記念の後にも関わらずこれだけ沢山の方に来ていただいて本当に感謝しています。1番人気ということで久しぶりにレース前、胸の高鳴りを覚えるような心地よい緊張感の中、良い天気に恵まれて非常に楽しんでレースをすることが出来ました。これからの馬だと思いますし、いずれは日本を代表する馬になってほしいという思いがありますので今後とも応援よろしくお願いします」

2着 ヴェルトライゼンデ
O.マーフィー騎手
「一生懸命に走る馬です。直線は一瞬勝てるかと思ったのですが…。距離が延びて良さが出そうな印象で、ダービーなど来年のクラシックでも上位に来れると思います。一戦ごとに力もつけてきています」

3着 ワーケア
C.ルメール騎手
「残念ながらペースが普通で、彼のポジションからだとエンジンがかかるのに時間がかかってしまいました。ラスト150メートルくらいからは伸びてくれましたが…。右回りも問題ありませんでしたが、距離はもっと延びた方がいいし、東京コースの方がいいと思います」

4着 ラインベック
岩田康誠騎手
「折り合いはつきました。ただ3コーナーからモタッとしたぶん、ダラダラしてしまいました。バテてはいないのですが…」

【ホープフルS】福永騎手 共同会見一問一答 コントレイルが無傷の3連勝!

【ホープフルS】ルメール「東京コースの方がいい」レース後ジョッキーコメント
【ホープフルS】ルメール「東京コースの方がいい」レース後ジョッキーコメント

池添謙「まともに挟まれた」

【ホープフルS】ルメール「東京コースの方がいい」レース後ジョッキーコメント

5着 オーソリティ
池添謙一騎手
「パドックでメンコを着けた効果で落ち着きがありましたし、返し馬もいい雰囲気でした。ただスタートして少しして、まともに挟まれてしまって、ポジションを取れなかったのがかなり痛かったです。スムーズなレースをしたかっただけに、不完全燃焼でした」

6着 パンサラッサ
坂井瑠星騎手
「意識的に早めに踏んで行って、勝ち馬に早めにかわされましたが最後まで頑張ってくれました」

9着 ブラックホール
石川裕紀人騎手
「勝ち馬を意識してポジションを取りに行ったのですが、馬がとまどったのか最後に脚を使えませんでした。現状は自分の形で運んだ方がいいのかもしれません」

12着 ナリノモンターニュ
M.デムーロ騎手
「ちょっと入れ込んでいました。スタートは良かったけどそのあとが全然。ずっとワガママでした」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 28日、中山競馬場で行われた11R・ホープフルステークス(G1・2歳オープン・芝2000m)で1番人気、福永祐一騎乗、コントレイル(牡2・栗東・矢作芳人)が快勝した。1.1/2馬身差の2着にヴェルトライゼンデ(牡2・栗東・池江泰寿)、3着に2番人気のワーケア(牡2・美浦・手塚貴久)が入った。勝ちタイムは2:01.4(良)。

ディープインパクト産駒 コントレイル

【ホープフルS】ルメール「東京コースの方がいい」レース後ジョッキーコメント

 JRA今年最後のG1を制したのはコントレイルだった。スタートから出していき離れた4番手で流れに乗ると、抜群の手応えで直線へ。そこから圧巻の走りでほとんど追うようなところもなく後続を突き放してゴールした。この勝利で無傷の3連勝となり来年のクラシックへ向け名乗りをあげた。

コントレイル 3戦3勝
(牡2・栗東・矢作芳人)
父:ディープインパクト
母:ロードクロサイト
母父:Unbridled’s Song
馬主:前田晋二
生産者:ノースヒルズ

【全着順】
1着 コントレイル
2着 ヴェルトライゼンデ
3着 ワーケア
4着 ラインベック
5着 オーソリティ
6着 パンサラッサ
7着 ブルーミングスカイ
8着 ディアセオリー
9着 ブラックホール
10着 ラグビーボーイ
11着 ガロアクリーク
12着 ナリノモンターニュ
13着 クリノブレーヴ