土曜中山6R新馬は5番人気のケイアイピハが3馬身差の圧勝

 28日、中山競馬場で行われた6R2歳新馬(ダ1200メートル)は、ダンカーク産駒のケイアイピハ(牡2、池上=母ゾイゾイ)が制した。

 互角のスタートから、道中は先手を主張する他馬を行かせて2番手。直線で早々と先頭に立つと、そのまま後続を寄せつけず2着トリッチトラッチに3馬身差をつけてフィニッシュした。

土曜中山5R新馬はフォアシュピールが1番人気にこたえる

北村宏「乗りやすかった」

 騎乗した北村宏は「スタートは上手に出てくれました。外から来た馬を行かせて2番手からでしたが、リズムよく走ることができました。早めに先頭に立つ形になりましたけど、よく凌いでくれたと思います。しっかり調教された馬で、乗りやすかったです」と振り返った。