【東京大賞典】岩田康「歩様が…」ロンドンタウンは歩様乱れる

 JRA勢の中でロンドンタウンは最下位と非常に厳しい結果が待っていた。レース序盤では4番手のインと絶好のポジションに収まったが、向こう正面から徐々に後退していった。鞍上の岩田康誠騎手は「向こう正面で歩様が悪くなった」と厳しい表情でレースを振り返った。

13着 ロンドンタウン
岩田康誠
「向正面で歩様が悪くなった」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 29日、大井競馬場で行われた10R・東京大賞典(G1・3歳上・ダ2000m)で2番人気、M.デムーロ騎乗、オメガパフューム(牡4・栗東・安田翔伍)が快勝した。1馬身差の2着にノンコノユメ(せん7・大井・荒山勝徳)、3着にモジアナフレイバー(牡4・大井・福永敏)が入った。勝ちタイムは2:04.9(稍重)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、ゴールドドリーム(牡6・栗東・平田修)は、4着敗退。

【東京大賞典】武豊「一か八か…」アポロテネシーは果敢に逃げるも9着

得意の大井でG1レース3勝目

【東京大賞典】岩田康「歩様が…」ロンドンタウンは歩様乱れる
(C)Yushi Machida

 得意の大井で見事な走りを見せてオメガパフュームが交流G1、3勝目を決めた。レースでは先行各馬を見る位置で、中団やや前目から落ち着いてレースを運んだ。勝負どころではゴールドドリームを目掛けて進出を開始、直線入り口で並びかけると、後方から追い込んだ大井勢2騎を退けてゴールに飛び込んだ。1番人気に支持されたゴールドドリームは4着敗退。

オメガパフューム 15戦7勝
(牡4・栗東・安田翔伍)
父:スウェプトオーヴァーボード
母:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
馬主:原禮子
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 オメガパフューム
2着 ノンコノユメ
3着 モジアナフレイバー
4着 ゴールドドリーム
5着 ロードゴラッソ
6着 サノサマー
7着 バルダッサーレ
8着 ケイティブレイブ
9着 アポロテネシー
10着 サンドプラチナ
11着 ウマノジョー
12着 ゴーディー
13着 ロンドンタウン