【ホープフルS】池添謙「まともに挟まれて…」オーソリティは5着に敗れる

スタートして最初の直線でガツンと挟まれたオーソリティは無念の5着敗退となった。勝負どころでは後方から追い上げ見せ場は作ったが、直線ではじりじりと掲示板が精一杯。最初に受けた不利の代償は大きかった。

5着 オーソリティ
池添謙一騎手
「パドックでメンコを着けた効果で落ち着きがありましたし、返し馬もいい雰囲気でした。ただスタートして少しして、まともに挟まれてしまって、ポジションを取れなかったのがかなり痛かったです。スムーズなレースをしたかっただけに、不完全燃焼でした」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 28日、中山競馬場で行われた11R・ホープフルステークス(G1・2歳オープン・芝2000m)で1番人気、福永祐一騎乗、コントレイル(牡2・栗東・矢作芳人)が快勝した。1.1/2馬身差の2着にヴェルトライゼンデ(牡2・栗東・池江泰寿)、3着に2番人気のワーケア(牡2・美浦・手塚貴久)が入った。勝ちタイムは2:01.4(良)。

【ホープフルS】ルメール「距離はもっと…」ワーケアは3着まで

ディープインパクト産駒 コントレイル

【ホープフルS】池添謙「まともに挟まれて…」オーソリティは5着に敗れる

 JRA今年最後のG1を制したのはコントレイルだった。スタートから出していき離れた4番手で流れに乗ると、抜群の手応えで直線へ。そこから圧巻の走りでほとんど追うようなところもなく後続を突き放してゴールした。この勝利で無傷の3連勝となり来年のクラシックへ向け名乗りをあげた。

コントレイル 3戦3勝
(牡2・栗東・矢作芳人)
父:ディープインパクト
母:ロードクロサイト
母父:Unbridled’s Song
馬主:前田晋二
生産者:ノースヒルズ

【全着順】
1着 コントレイル
2着 ヴェルトライゼンデ
3着 ワーケア
4着 ラインベック
5着 オーソリティ
6着 パンサラッサ
7着 ブルーミングスカイ
8着 ディアセオリー
9着 ブラックホール
10着 ラグビーボーイ
11着 ガロアクリーク
12着 ナリノモンターニュ
13着 クリノブレーヴ