【香港ヴァーズ】モレイラ「素晴らしい競馬が出来た」日本馬関係者コメント

 12月8日、香港のシャティン競馬場で行われたG1香港ヴァーズは、日本のグローリーヴェイズが抜け出してG1初制覇を飾った。2着には同じく日本から参戦したラッキーライラックが入り、日本馬のワンツーとなっている。

香港ヴァーズ
1着 グローリーヴェイズ
J.モレイラ騎手
「上手くラチ沿いを取ることが出来て、トップギアに上手いこと入れつつ道中を進めることが出来ました。良い感じで良い手応えで道中も行くことが出来て、内ラチ沿いで我慢することが出来て、ただ最後の直線に入る直前でどこに行こうかなっていう部分がありました。追い出したらよく反応してくれましたね。非常にその時の脚は素晴らしかったですね。ここから自分から割って出るというような感じで脚を使ってくれて素晴らしい競馬が出来たと思います」

尾関知人調教師
「こちらに来てから日に日に馬は落ち着いていましたし、追い切りもジョッキーのコンタクトも良くて馬は本当に現状で万全の体制で臨めるなと思っていました。昨日オーナーも交えてジョッキーも来ていただいてミーティングしたんですが、本当にその甲斐があったなというようなレースぶりをしてもらいました。流石モレイラジョッキーだと思います。自分たちが思っていた以上に能力を発揮してくれたなと思います」

2着 ラッキーライラック
松永幹夫調教師
「力を出してくれたかなと思いますね。今日は前が残っているというような感じだったのでどうかなと思って見ていたんですけど、最後はよく脚使ってくれましたね。今日は勝ち馬が強かったですね」

4着 ディアドラ
O.マーフィー騎手
「強い馬たちと戦ってとても良い競馬をしてくれました。日本の代表馬として良い競馬をしてくれたと思います」

橋田師「最後方になっちゃいました」

橋田満調教師
「もう少し前に付けたかったんですけど、スローになるのは分かってましたからね、最後方になっちゃいましたから、届かなかったですね。馬の状態は良い状態で臨めたと思っています。ペースが遅くなるのは分かっていますので出来るだけ前の方で競馬してくれという話はしていたんですけど。(最後)あそこからじゃあちょっとあれが精一杯なところだったと思いますね」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 8日、香港のシャティン競馬場で行われた4R・香港ヴァーズ(G1・3歳上・芝2400m)でJ.モレイラ騎乗、日本馬のグローリーヴェイズ(牡4・美浦・尾関知人)が快勝した。2着にラッキーライラック(牝4・栗東・松永幹夫)、3着にエグザルタント(せん5・A.クルーズ)が入った。勝ちタイムは2:24.77(良)。

 日本馬、O.マーフィー騎乗のディアドラ(牝5・栗東・橋田満)は4着敗退となっている。

ディープインパクト産駒 グローリーヴェイズ

 日本のグローリーヴェイズが直線で抜け出して、並いる強豪を撃破し、見事に香港ヴァーズを制した。直線半ばで先頭に立つと、外から来た日本のラッキーライラック、ディアドラの追い込みを凌ぎ、見事に押し切った。

【全着順】
1着 グローリーヴェイズ
2着 ラッキーライラック
3着 エグザルタント
4着 ディアドラ
5着 コールドトゥザバー
6着 ホーホーカーン
7着 トゥルーセルフ
8着 サザンレジェンド
9着 ヤングラスカル
10着 イーグルウェイ
11着 プリンスオブアラン
12着 アンソニーヴァンダイク
13着 アスペター
14着 マウントエベレスト