日曜中山5R新馬はインターミッションが1番人気にこたえる

 8日、中山競馬場で行われた5R2歳新馬(芝1600メートル)は、ディープインパクト産駒の1番人気・インターミッション(牝2、手塚=母レイカーラ)が、デビュー勝ちをおさめた。

 ポンと好スタートを決めると、道中は2番手から手応えよく追走。直線では逃げ粘りをはかる2着ランナウェイを楽々と競り落とし、最後は1馬身‪1/4‬差をつけてフィニッシュした。

日曜中山5R新馬はインターミッションが1番人気にこたえる
日曜中山5R新馬はインターミッションが1番人気にこたえる

石川「強かった」

 騎乗した石川は「調教から乗せてもらっていました。最初はあまり目立たなかったのですが、追うごとにディープ産駒らしい動きを見せるようになって、自信を持って臨むことができました。レースでは中団から運ぶイメージでしたが、スタートが速かったので好位から。最後もいい脚でしたし、強かったですね。抜け出してからは物見をしていましたが、そのあたりも含めて今後の成長が楽しみです」と笑顔で話した。