【カペラS】古川「行きっぷりが…」ゴールドクイーンは直線失速5着

 1番人気に支持されたゴールドクイーンはスタートから軽快に飛ばして先手を奪うも直線で失速。無念の5着敗退となった。前半を32秒台後半とかなりのペースで引っ張っていった影響もあったのか、ラスト1ハロンで失速。遅れをとって5着までとなった

5着 ゴールドクイーン
古川吉洋騎手
「う~ん…今日は行きっぷりが良くなかったですね。この時計で走れないはずがないんですが…。ムラっ気のある馬で、今日はそういう部分が出てしまったのかもしれません」

 レース結果、詳細は下記の通り。

 8日、中山競馬場で行われた11R・カペラステークス(G3・3歳上オープン・ダ1200m)で2番人気、藤田菜七子騎乗、コパノキッキング(せん4・栗東・村山明)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にテーオージーニアス(牡4・栗東・梅田智之)、3着にシュウジ(牡6・栗東・須貝尚介)が入った。勝ちタイムは1:09.3(良)。

 1番人気で古川吉洋騎乗、ゴールドクイーン(牝4・栗東・坂口智康)は、5着敗退。

【カペラS】古川「行きっぷりが…」ゴールドクイーンは直線失速5着
【カペラS】古川「行きっぷりが…」ゴールドクイーンは直線失速5着

女性騎手初のJRA平地重賞初制覇

【カペラS】古川「行きっぷりが…」ゴールドクイーンは直線失速5着

 藤田菜七子とコパノキッキングが女性騎手初のJRA平地重賞初制覇を決めた。同コンビで10月に大井競馬で開催された交流G2の東京盃を勝利。地方交流重賞を初勝利し、その勢いのままにJRA重賞も堂々と勝利した。鞍上の藤田菜七子騎手は、「コパノキッキングと関係者の皆様に感謝したい」と喜びの声を語った。

コパノキッキング 15戦9勝
(せん4・栗東・村山明)
父:Spring At Last
母:Celadon
母父:Gold Halo
馬主:小林祥晃
生産者:Reiley McDonald

【全着順】
1着 コパノキッキング
2着 テーオージーニアス
3着 シュウジ
4着 レッドアネラ
5着 ゴールドクイーン
6着 ヒロシゲゴールド
7着 タテヤマ
8着 ドリュウ
9着 ヒザクリゲ
10着 オウケンビリーヴ
11着 ダノングッド
12着 ハニージェイド
13着 ハングリーベン
14着 オールドベイリー
15着 ビップライブリー
16着 シャインヴィットゥ