【新馬/中山5R】インターミッションがデビューV!母はレイカーラ

(C)スポニチ

 8日、中山競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1600m)で1番人気、石川裕紀人騎乗、インターミッション(牝2・美浦・手塚貴久)が快勝した。1.1/4馬身差の2着に2番人気のランナウェイ(牡2・美浦・伊藤大士)、3着にコスモブルーノーズ(牡2・美浦・黒岩陽一)が入った。勝ちタイムは1:37.1(良)。

 なお、10番のタツシデンは競走中止となっている。

【新馬/中山5R】インターミッションがデビューV!母はレイカーラ
【新馬/中山5R】インターミッションがデビューV!母はレイカーラ

ディープインパクト産駒 インターミッション

 1番人気に支持されたインターミッションが嬉しいデビュー勝ちを飾った。レースでは好スタートを切り番手の位置を楽々キープ。勝負どころでは激しく手は動き出すもしぶとく伸びてゴール前で抜け出した。

インターミッション 1戦1勝
(牝2・美浦・手塚貴久)
父:ディープインパクト
母:レイカーラ
母父:キングカメハメハ
馬主:下河辺牧場
生産者:下河辺牧場