【チャンピオンズC】ルメール「勝ち馬が強かった」ゴールドドリームは惜しい2着

(C)Yushi Machida

 2017年のこのレースの覇者で、ダートG1を5勝しているゴールドドリームは惜しい2着に敗れた。直線一旦先頭を伺う態勢だったが内からクリソベリルの強襲に遭い、僅かに遅れをとった。敗れはしたもののダート王者としての貫禄は見せた走りだった。

2着 ゴールドドリーム
C.ルメール騎手
「すごく良い競馬が出来ました。勝ち馬が強かったです。直線に向いても良い反応をして伸びてくれました。一生懸命頑張ってくれました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 1日、中京競馬場で行われた11R・チャンピオンズカップ(G1・3歳上オープン・ダ1800m)で2番人気、川田将雅騎乗、クリソベリル(牡3・栗東・音無秀孝)が快勝した。クビ差の2着に1番人気のゴールドドリーム(牡6・栗東・平田修)、3着にインティ(牡5・栗東・野中賢二)が入った。勝ちタイムは1:48.5(良)。

【チャンピオンズC】川田「無事に勝てて何よりです」クリソベリルが無傷の6連勝!

<<下に続く>>

新旧ダート王者が交代

【チャンピオンズC】ルメール「勝ち馬が強かった」ゴールドドリームは惜しい2着
(C)Yushi Machida

 3歳馬のクリソベリルが力勝負で完全にねじ伏せた。無傷の5連勝でここへ挑んだクリソベリルは、逃げるインティを見るように3.4番手のインで虎視眈々と前を伺った。直線半ばで外からゴールドドリームが抜け出しを図ったところを、インティ、ゴールドドリームの間を割り、豪快に突き抜けた。

クリソベリル 6戦6勝
(牡3・栗東・音無秀孝)
父:ゴールドアリュール
母:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 クリソベリル
2着 ゴールドドリーム
3着 インティ
4着 チュウワウィザード
5着 キングズガード
6着 オメガパフューム
7着 ヴェンジェンス
8着 タイムフライヤー
9着 ウェスタールンド
10着 ロンドンタウン
11着 ワンダーリーデル
12着 モズアトラクション
13着 ミツバ
14着 ワイドファラオ
15着 サトノティターン
16着 テーオーエナジー