【武豊日記】年間100勝到達

インティと武豊騎手

 マカヒキが4着に頑張ったジャパンカップ。スタートが元々遅い馬なので、後方から進めるのは最初から考えていたプランで、最後の直線はいいころの闘志を引き出すことができたと思います。4着でしたが、やり切った気持ちになれたレースです。

 年間100勝到達は4年ぶりで、これについてもここで満足してはいけない数字なんですが、たくさんの声援をいただいてうれしく思いました。

 そして、期待のマイラプソディが無事に重賞勝ち。どうやら、年末のホープフルSは回避しそうですが、そんなことよりも来年のクラシック候補出現を素直に喜んでいます。ハーツクライ産駒は、この時期からグイグイ力をつけて行くイメージなので、とにかく順調に行ってくれること。そうすれば結果は自然についてきそうです。

 今週はチャンピオンズC。好メンバーが揃った証拠に、今年フェブラリーSを勝ったインティが、共同記者会見に呼ばれませんでした。3頭の選択は、放送記者クラブのセレクトだそうですが、オメガパフューム、クリソベリル、チュウワウィザード。名前を聞けばなるほどですが、圧倒的な格上のゴールドドリームの名もそこにはありません。まさにチャンピオンの名にふさわしい凄いレースをご期待ください。

(C)武豊オフィシャルサイト