【ジャパンC】武豊「狙い通り」レース後関係者コメント

(C)Yushi Machida

 11月24日、東京競馬場で行われたG1・ジャパンカップで、3番人気に支持されたスワーヴリチャードが直線で最内を突いて抜け出し、昨年大阪杯以来のG1レース2勝目を飾った。

ジャパンカップ、レース後関係者コメント
1着 スワーヴリチャード
O.マーフィー騎手
「世界的権威のあるジャパンカップを勝ったこと本当に感謝していますし、自分のひとつの夢が叶ったことが本当に嬉しいですし、ここまでの道のり、日本に来るという部分でもひとつの目標だったのですごく嬉しいです。内側が伸びるというか、逃げている馬が疲れているというのは分かっていたので敢えて内の方を突きました。世界で、日本の馬が世界一強いというのは分かっているので、それをある意味、皆さんに見せることが出来て良かったです。ファンの声援がすごくて、競馬場の雰囲気も最高でしたし、今後も日本に毎年のように来たいと思いますし、これからもファンの皆さんの熱い声援をお願いします」

庄野靖志調教師
「大阪杯以来のG1勝ちということでホッとしていますし、本当に本当に嬉しい1勝だなと思っています。去年も天皇賞(秋)からジャパンカップというローテーションだったんですけれども、去年は3着ということで今年も同じローテーションで天皇賞(秋)からジャパンカップへ向かわせてもらったんですけれども、馬も5歳の秋ということで完成期に入りましたし、去年よりは間違いなく状態は上向いているなという手応えは感じていました。去年は馬場のコンディションもすごく良かったのと今年に限って言えば不良から重馬場という発表でしたけれども、実際に去年はアーモンドアイというすごい強い馬がいて、レコードというレースだったんですけれども、それと比べると少しでも自分のペースで脚を溜めていける今回の馬場、あるいは時計という感じで考えると今年の方が去年よりは自信はありましたね。ジョッキーは2回調教で追い切りにも乗ってもらっていて、ジョッキーと話す中でまずやっぱりスタートをきめたいということと、行く馬がどれかというのもまだ分からない状態ではありましたけども、良い位置で自分のペースをもって脚を溜めていきたいという話もしていましたし、今回本当に彼の言うように、また僕らの考えている最高のレースが出来たんじゃかなと思います」

2着 カレンブーケドール
津村明秀騎手
「悔しいです。今日のような馬場は決して得意ではありませんが、気力でこなしてくれましたと思います。勝った馬は強かったですが、この馬もよく頑張ってくれました」

3着 ワグネリアン
川田将雅騎手
「ゲートを上手に出てくれて道中も折り合って良いリズムで走ることが出来ました。直線もしっかり脚を使って良い内容で走ってくれたと思います」

友道康夫調教師
ワグネリアン
「勝ち馬と通った位置の差かな」

【ジャパンC】武豊「狙い通り」レース後関係者コメント
【ジャパンC】武豊「狙い通り」レース後関係者コメント

武豊「狙い通り」

【ジャパンC】武豊「狙い通り」レース後関係者コメント

4着 マカヒキ
武豊騎手
「これしかないというレースで狙い通りでした。よく頑張ってくれました」

5着 ユーキャンスマイル
岩田康誠騎手
「最初のゴール板を過ぎてバランスを崩してしまい下がってしまいました。最後はそれなりにきていましたし、調子は良かったのですが…」

6着 ダイワキャグニー
石橋脩騎手
「行こうと思っていましたし自分でラップを刻んで4コーナー手前から離していこうと思いました。最後までよく頑張ってくれています」

7着 エタリオウ
友道康夫調教師
エタリオウ
「ようやくエタリオウらしさが出たというか、スイッチが入ったと思います」

8着 ムイトオブリガード
C.ルメール騎手
「良いレースをしてくれましたが、ラスト100mは疲れていました」

9着 シュヴァルグラン
C.スミヨン騎手
「どうコメントしたら良いのか難しいです。いつもの脚がなかったのは、前に行き過ぎたのか、脚が溜まらなかったのか、馬場なのか、年齢的なものなのか判断が難しいです」

10着 ルックトゥワイス
L.デットーリ騎手
「重い馬場が合いませんでした。残り1000mを過ぎてから手応えが怪しくなりました。何頭か交わしてくれたんですが、そこまででした」

11着 レイデオロ
W.ビュイック騎手
「デビュー以来最高の出来と聞いていました。柔らかい馬場で進んでいかない感じで途中からステッキを入れないといけないくらいでした。良馬場で改めて期待したいと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 24日、東京競馬場で行われた11R・ジャパンカップ(G1・3歳上オープン・芝2400m)で3番人気、O.マーフィー騎乗、スワーヴリチャード(牡5・栗東・庄野靖志)が快勝した。3/4馬身差の2着にカレンブーケドール(牝3・美浦・国枝栄)、3着に2番人気のワグネリアン(牡4・栗東・友道康夫)が入った。勝ちタイムは2:25.9(重)。

 1番人気でW.ビュイック騎乗、レイデオロ(牡5・美浦・藤沢和雄)は、11着敗退。

マーフィーの見事な手綱さばき

【ジャパンC】武豊「狙い通り」レース後関係者コメント

 マーフィー騎乗のスワーヴリチャードが直線で最内を強襲して見事に同馬をジャパンカップ制覇に導いた。道中も内でジッと我慢して中団で脚を溜めるとコーナーワークでポジションをあげていき、直線入り口からスパートを開始。先に抜け出したカレンブーケドールの内からスルスルと伸びていき栄光のゴールへ飛び込んだ。

スワーヴリチャード 18戦6勝
(牡5・栗東・庄野靖志)
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
馬主:NICKS
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 スワーヴリチャード
2着 カレンブーケドール
3着 ワグネリアン
4着 マカヒキ
5着 ユーキャンスマイル
6着 ダイワキャグニー
7着 エタリオウ
8着 ムイトオブリガード
9着 シュヴァルグラン
10着 ルックトゥワイス
11着 レイデオロ
12着 ウインテンダネス
13着 ジナンボー
14着 ダンビュライト
15着 タイセイトレイル