【ジャパンC】庄野師「完成期に入った」スワーヴリチャードがG1を2勝目!

 11月24日、東京競馬場で行われたG1・ジャパンカップで、3番人気に支持されたスワーヴリチャードが直線で最内を突いて抜け出し、昨年大阪杯以来のG1レース2勝目を飾った。

1着 スワーヴリチャード
庄野靖志調教師
「大阪杯以来のG1勝ちということでホッとしていますし、本当に本当に嬉しい1勝だなと思っています。去年も天皇賞(秋)からジャパンカップというローテーションだったんですけれども、去年は3着ということで今年も同じローテーションで天皇賞(秋)からジャパンカップへ向かわせてもらったんですけれども、馬も5歳の秋ということで完成期に入りましたし、去年よりは間違いなく状態は上向いているなという手応えは感じていました。去年は馬場のコンディションもすごく良かったのと今年に限って言えば不良から重馬場という発表でしたけれども、実際に去年はアーモンドアイというすごい強い馬がいて、レコードというレースだったんですけれども、それと比べると少しでも自分のペースで脚を溜めていける今回の馬場、あるいは時計という感じで考えると今年の方が去年よりは自信はありましたね。ジョッキーは2回調教で追い切りにも乗ってもらっていて、ジョッキーと話す中でまずやっぱりスタートをきめたいということと、行く馬がどれかというのもまだ分からない状態ではありましたけども、良い位置で自分のペースをもって脚を溜めていきたいという話もしていましたし、今回本当に彼の言うように、また僕らの考えている最高のレースが出来たんじゃかなと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 24日、東京競馬場で行われた11R・ジャパンカップ(G1・3歳上オープン・芝2400m)で3番人気、O.マーフィー騎乗、スワーヴリチャード(牡5・栗東・庄野靖志)が快勝した。3/4馬身差の2着にカレンブーケドール(牝3・美浦・国枝栄)、3着に2番人気のワグネリアン(牡4・栗東・友道康夫)が入った。勝ちタイムは2:25.9(重)。

 1番人気でW.ビュイック騎乗、レイデオロ(牡5・美浦・藤沢和雄)は、11着敗退。

【ジャパンC】マーフィー「夢が叶った」スワーヴリチャードがG1を2勝目!

【ジャパンC】庄野師「完成期に入った」スワーヴリチャードがG1を2勝目!
【ジャパンC】庄野師「完成期に入った」スワーヴリチャードがG1を2勝目!

マーフィーの見事な手綱さばき

【ジャパンC】庄野師「完成期に入った」スワーヴリチャードがG1を2勝目!

 マーフィー騎乗のスワーヴリチャードが直線で最内を強襲して見事に同馬をジャパンカップ制覇に導いた。道中も内でジッと我慢して中団で脚を溜めるとコーナーワークでポジションをあげていき、直線入り口からスパートを開始。先に抜け出したカレンブーケドールの内からスルスルと伸びていき栄光のゴールへ飛び込んだ。

スワーヴリチャード 18戦6勝
(牡5・栗東・庄野靖志)
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
馬主:NICKS
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 スワーヴリチャード
2着 カレンブーケドール
3着 ワグネリアン
4着 マカヒキ
5着 ユーキャンスマイル
6着 ダイワキャグニー
7着 エタリオウ
8着 ムイトオブリガード
9着 シュヴァルグラン
10着 ルックトゥワイス
11着 レイデオロ
12着 ウインテンダネス
13着 ジナンボー
14着 ダンビュライト
15着 タイセイトレイル